デイトジャスト 修理

デイトジャスト修理事例

デイトジャストはロレックスのスタンダードモデル。
文字盤の小窓に日付が表示される、世界で初めて発売された腕時計として知られており、
現在でも多くの腕時計が、このデイトジャストと似たデザインを採用しています。

 

そんなデイトジャストですが、やはり使い続けるうちに
不具合により修理が必要になることがあります。

 

ここでは、どのような症状が起こるのか、その事例を集めてみました。

 

ぜんまいが切れる

秒針の動きが悪くなる、秒針が動かなくなった、手巻きしようとすると
いつもより軽いなどの症状が起こります。
長く使用することによる金属の疲労が原因だと考えられます。

リューズのねじ切れ

ねじがうまく回らない、ここからの浸水によりガラス内面が曇るなどの症状が起こります。
自動巻きなので本来はあまり使用しない箇所ですが、
手巻きで巻いている場合はだんだんとねじの凹凸が磨り減ってしまいます。

 

デイトジャストに多いとされる2つの事例についてご紹介しました。

 

高い品質を誇る高級腕時計とはいっても、使い続けるうちに
様々な箇所が磨耗・疲労していってしまうんですね。

デイトジャスト修理料金の平均相場

そんなデイトジャストですが、修理をする際に一番気になるのは
一体いくら位費用がかかるのか・・・というところですよね。

 

部品の磨耗などによる故障は、オーバーホールに出していないことが多いので
(ただし、金属疲労は突然起こるもので、兆候がほとんど確認できないため、
 この限りではありません)
デイトジャストは修理と同時にオーバーホールが行われることが多いです。

 

オーバーホールとは内部を分解・洗浄し、劣化した部品を交換する作業で、
つまり定期メンテナンスですね。

 

ですので故障の修理だけ依頼したとしても、
部品の料金+オーバーホール料金が必要になってしまうんです。

 

デイトジャストを発売しているロレックスに正規で依頼すると
オーバーホール料金として約45,000円くらいかかるそうで、
さらに部品代が必要になります。

 

長い間オーバーホールしておらず、大規模な修理になってしまうと
なんと10万円を越える料金がかかってしまうこともあるんだとか!

 

故障による修理をを最小限に留めるためにも、
数年に一度はオーバーホールする必要がありそうですね。

デイトジャストはメーカー正規修理が良いのか

デイトジャストの様に、ロレックスを修理するに当たって、ロレックスに正規で依頼すると
かなり高額な料金が必要になります。

 

修理の料金を抑えるためには、時計の修理店に依頼する方法があります。
デイトジャスト(ロレックス)専門のお店もあれば、
高級腕時計全般を扱うお店など、様々です。

 

最近ではメールで依頼⇒現品を送付して見積もり・修理ができる場合も多く、
かなりお手軽に修理ができるようになりました。

 

こういった修理店を利用することは、
正規よりもオーバーホールや部品代がかなり安くなるのが大きなメリットです。
正規に依頼するよりも半分近く費用を抑えることができることもあるようです。

 

ただし、注意しておきたいのが、デイトジャストを資産として考えている場合。
正規でない修理店に依頼すると、純正以外の部品が使われることがあるので、
ロレックス本来の価値が認められなくなってしまう場合もあるのです。

 

メリット・デメリットを理解し、自分のニーズに合った方法で
デイトジャストを楽しみましょう。

 

⇒ 一流の技術で修理!時計修理の「千年堂」の詳細はコチラをクリック♪