日本ロレックス オーバーホール

日本ロレックスへオーバーホール依頼

日本ロレックスは、世界的に有名な腕時計メーカーであるロレックスの
日本における販売拠点です。

 

もちろんただ販売をしているだけでなく、アフターサービスや補償に定評のある
ロレックスのサービスの窓口ともなっている場所が、日本ロレックスなんです。

 

さて、高級腕時計の性能を保つために欠かせないのがオーバーホールです。

 

専門の技術者により、分解した後の外部・内部の洗浄はもちろん、
古くなってしまった部品の交換や油の補充などが行われます。

 

腕時計にとっては、部品一つの不具合が命取り。
長く不具合を放っておくと、取り返しのつかない故障へと繋がりかねません。

 

百を超える部品が複雑に組み上げられ、
その一つ一つに精密な動きが必要とされる腕時計には、なくてはならないものなんですね。

 

様々な時計店や修理店でロレックスのオーバーホールを請け負っていますが、
やはり最も安心できるのが、日本ロレックスの窓口から正規業者へ依頼することなんです。

正規店へ頼むメリットとデメリット

日本ロレックスの正規の窓口よりオーバーホールを依頼することのメリットとして、
一番に挙げられるのが確かな技術力です。

 

一般の修理店で始めて依頼する場合、情報がなくては
技術と経験を兼ね備えた職人さんがいらっしゃるかと見極めるのはかなり困難です。

 

日本ロレックスならば、正規店により保証された技術を持った方へ
確実にオーバーホールを依頼できるのです。

 

さらに、純正の部品に交換してもらえるのも、日本ロレックスへ依頼することの
大きなメリットです。

 

正規ではない修理店では、同等の社外部品が使われることも少なくありません。

 

こうしたものはメーカーからのロレックスとしての補償が受けられなくなることがあり、
また資産として保有している場合には
価値が下がってしまうというリスクを伴っているんです。

 

逆に日本ロレックスより正規依頼をするデメリットとしては、料金と時間が挙げられます。

 

高い技術のサービスが受けられる分、料金が高めになっています。
また、古くなった部品は早めに交換されるので、
基本料金より割り増しになることが多いそう。

 

さらに、修理の依頼も受けているため、時期によっては手元に戻るまでに
かなり時間がかかるようです。

 

純正部品にこだわりがなく、できるだけ安く済ませたい方、
慣れた時計を長期間手放したくない方は、他の修理店などを検討するのも
一つの手だと思います。

 

ロレックス時計修理店は信頼できるお店へ!

 

⇒ 一流の技術で修理!時計修理の「千年堂」の詳細はコチラをクリック♪

 

 

『デイトジャスト修理やオーバーホール事例を集めてみた』TOPへ戻る